院長挨拶・コラム

私たちは、以下に掲げる理念と基本方針に則った「精神科医療・保健・福祉」の実践を目指しております。

平松記念病院 院長宗 代次

理念

適切な精神科医療・保健・福祉を行うため次の二つの柱を基礎に据えます。

  1. 精神障害者の医療および保護を行い、自立のために、社会復帰および社会的経済活動への支援をします。
  2. その障害の予防に取り組み、市民の精神保健の向上をめざし、地域に根ざした病院を目指します。

基本方針

理念を実現するために5つの基本方針を定めます。

  1. 私たちは、人権を尊重し、信頼と満足感を持っていただけるように努めます。
  2. 私たちは、あいての身になって『受容的態度をもって接する』ように努めます。
  3. 私たちは、自己研鑽に努め、情報を共有し、連携・協力し合うチーム医療を目指します。
  4. 私たちは、常に新しい医療・保健・福祉システムを提供できるように努めます。
  5. 私たちは、地域における自らの役割を認識し、地域に貢献します。

患者様の権利綱領

私たちは、患者様の以下の権利を遵守して日々の医療を行います。

  1. 安全で適切な医療を公平・平等に受ける権利
  2. 個人として人格を尊重される権利
  3. 治療、病状、検査などについて、納得のいく説明を受ける権利
  4. 十分な説明や情報提供のもと、どのような医療を受けるかを選択する権利
  5. 個人情報やプライバシ-が守られる権利
  6. セカンドオピニオンを受ける権利
  7. 精神保健福祉法を遵守した医療を受ける権利

患者様の責務

  1. 最善で適切な医療を受けるために、病状経過や過去の治療歴・アレルギー歴などの情報を提供する必要があります。
  2. 治療効果をあげるために、医療関係者と共同して治療に取り組む必要があります。
  3. 円滑な医療サービス体制を確保するために、病院や社会生活上のルールやマナーを遵守する必要があります。

院長コラム

院長 宗が不定期で更新するコラムです。右下のボタンからご一読下さい。

院長コラムはこちらから