看護部について

IMGP1967

平松記念病院は自然豊かな藻岩山の四季を一望することができる恵まれた環境の他に、昭和25年開院という長い歴史に培われた病院です。

私たち看護部門は地域に根ざした病院を目指し、次のような看護部理念のもと日々の看護を行っています。

看護部理念

私たちはあたたかい心で、思いやりのある看護を実践します。

基本方針

患者さんのニーズを把握し、ひとりひとりに添った看護を提供します。

看護目標

  1. 安全性の高い良質な看護を提供します。

    1. 安全に対するリスク意識を高め、マニュアルを遵守した行動をする。
    2. ICTを中心とし、リンクナースが協力して院内感染を防止する。
  2. 患者さんの人権と権利を尊重します。

    1. 倫理的に問題となりやすい事柄を認識し、倫理カンファレンスで検討する。
    2. 接遇改善に努め、患者・家族との信頼関係を得る。
    3. 精神保健福祉法を遵守する。
  3. 他部門と協力して、病院運営に参画します。

    1. 他の職種と連携し、入院-退院-訪問と療養生活をサポートする。
    2. 医師や看護職を含めた他職種間でのカンファレンスを行い情報共有し、チーム医療を展開する。
  4. 良質な看護サービスを提供できる看護職を育成します。

    1. 組織の理念・目標を理解し、目標達成に向けて主体的に取り組む。
    2. 看護の専門性を高めるため、自己啓発を行う。
    3. 専門領域において高度な知識と看護技術を修得する。

平松記念病院看護部は、地域の精神科病院としての役割を認識し、患者さんやご家族の皆様の心の不安、病を少しでも和らげることができるよう、より良い看護の提供を目指して看護部一同努力してまいります。