睡眠専門外来・睡眠医療センターのご案内

DSC_0189

毎週金曜日午前に日本睡眠学会認定医で、睡眠医療センター長の武藤福保医師が初診診療を担当します。予約制ですので、診療時間をご確認の上お電話にてご予約下さい。

診療受付時間はこちらを御覧ください。 お電話番号:011-561-0708

睡眠専門外来ニュース

2016.06.30
2016/06/22 北海道高等学校養護教諭研究会石狩支部第1回学校保健研究協議会講演「思春期の睡眠障害について」かでる2・7
2015.11.25
室蘭市市民会館 室蘭地方精神保健協会講演会 「快眠でこころもからだもリフレッシュ」
2015.10.10
札幌市WEST19 JDC・北海道臨床精神薬理研究会札幌市共同主催「うつをこえて」「睡眠障害とうつ」パネリスト「睡眠専門外来とうつ」
2015.08.23
「高齢者の睡眠障害」
2015.08.23
札幌盲学校 理療研修センター講演会
2015.02.01
札幌啓成高校新聞部インタビュー
2014.10.28
北海学園大学新聞部インタビュー
2014.03.07
札幌東高校放送部インタビュー「良い仮眠について」
2013.12.05
2014/1/8 高校保健ニュース、第485号「高校生に起きる日中の眠気を伴う病気」掲載
2013.06.20
毎日新聞朝刊掲載記事「熟眠障害について」 取材協力
2012.12.08
高校保健ニュース第451号(少年医療新聞社発行)に連載 高校生の睡眠習慣について掲載されました。
2012.10.08
高校保健ニュース第445号(少年医療新聞社発行)に連載 高校生に多い睡眠障害最終回不眠や過眠などに潜む多彩な病気が掲載されました。
2012.09.18
高校保健ニュース第442号(少年医療新聞社発行)に連載 高校生に多い睡眠障害第2回過眠症~昼間の過剰な眠気は病気が掲載されました
2012.08.08
高校保健ニュース第440号(少年医療新聞社発行)に新連載 高校生に多い睡眠障害1回概日リズム睡眠障害~朝起きられない子どもたちが掲載されました。
2012.05.22
武藤医師のインタビュー記事が道新朝刊生活面で4月29日未明に起きた関越自動車道でのツアーバス事故に関連して、深夜運転や深夜勤務の問題点について回答しました。

過去のテレビ出演

2016.06.30
HTB取材および取材協力:「イチオシ」~特集こども白書「中高生の睡眠障害」2016/6/29放送
2016.02.08
UHB取材・収録「みんなのTV」~検査値について、2/16放映
2015.08.04
UHB「みんなのテレビ」コメント 「夏の快眠術を大調査」
2014.07.16
UHBテレビ「U型ライブEXPRESS」~「夏・快適な昼寝のススメ!!」について VTRにてコメント
2013.06.25
HTBテレビ「イチオシ」~「夏の眠り」について、VTRでコメント
2013.06.13
STVテレビ「ひまの湯」の取材協力、「眠りについて」
2013.04.02
UHBテレビ「さあ!トークだよ」生出演~「体内時計」についてコメント
2013.03.18
「世界まる見え特捜部」(日テレ19:00~20:54) 番組監修&出演予定です!!
2012.10.09
UHBテレビ生放送出演 「さあ!トークだよ」~「かくれ不眠」についてのコメント
2011.10.04
UHBテレビ取材「U型テレビ」、秋の睡眠障害、概日リズム睡眠障害についての解説、収録出演
2011.07.05
HTBテレビ「イチオシ!モーニング」収録出演
2011.06.20
日本テレビ「世界まる見え!TV特捜部」にて「クライネ・レビン症候群」に関して番組監修、収録出演
2010.06.20
HTBテレビ「おは天」特集:「朝活について」収録出演
2007.07.01
HTBテレビ「おは天」「まくらで快眠」について収録出演
2005.08.17
HTBテレビ「遠藤商店」シリーズもっと健康「夏こそ!昼寝について」収録出演

過去の北海道新聞への掲載記事

2016.02.26
道新取材、睡眠障害について~5月4日記事掲載、「睡眠障害 原因突き止めて」
2014.09.17
北海道新聞インタビュー 2014/9/18 朝刊掲載記事「続わたしの周りは超高齢社会」
2014.09.10
北海道新聞「学んで治そう」掲載 「日中の強い眠気」
2012.02.29
(学んで治そう)不眠 身体的要因ある場合も
2011.12.07
(紙面特集) 受験シーズン、乗り切るには 体調整え、勉強効率的に
2011.11.15
北海道新聞インタビュー 2011.12.12 夕刊掲載記事「金縛りの決算」にコメント引用
2011.05.11
(紙面特集) 夜眠れず朝起きられない「睡眠相後退症候群」 体内時計、根気強く調整
2011.02.23
(学んで治そう) 過眠 ポリグラフで症状検査を
2010.10.13
(学んで治そう) 金縛り 少量の抗うつ剤が有効
2010.03.03
(学んで治そう) 夢をよく見る 睡眠時無呼吸などの確認を
2009.03.25
(学んで治そう) 周期性四肢運動障害 入眠時に身体が動く
2008.01.10
北海道新聞インタビュー 朝刊にて受験時の睡眠についてのコメント

睡眠日誌ダウンロード

pdf
PDF形式
excel
Excel形式

受診までの期間、睡眠日誌をつけて受診の日に持参してください。

ファイルをダウンロード後印刷して利用するか、またはExcel版ファイルに入力することもできます。

対象疾患・症状

  • レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)
  • 周期性四肢運動障害
  • ナルコレプシー
  • レム睡眠行動障害
  • 睡眠相後退症候群(概日リズム睡眠障害)
  • その他の睡眠障害(不眠、なかなか寝つけない、夜中に何度も目が覚める、 朝早く目が覚めるなど)
  • 日中眠くてガマンできない、知らないうちに眠ってしまう、居眠りが多くて困っている、など
  • 足がムズムズして夜寝つけない、日中も足をじっとしていられない、など
  • 夜中寝ている間に大きな声を出してしまう、ベッドから落ちてしまう、起き上がって行動してしまう、など
  • 夜寝つくのが遅くなり、朝起床できない(起床がお昼前後である)など
  • その他、睡眠に関する各種相談

受診時のご注意

診断確定のためには、原則的に最低1泊2日の夜間睡眠ポリグラフ検査(n-PSG)のための検査入院が必要になります。

検査を担当するスタッフは女性の臨床検査技師ですので、女性も安心して検査を受けていただけます。

睡眠ポリグラフ検査(PSG)

睡眠の質や構築を詳しく調べるための検査です。

頭部、顔面(顎・眼の近く・額など)・肩・下腿などに電極をつけ、胸部と腹部に呼吸センサーのベルト、指に脈拍と酸素飽和度測定のセンサーを装着します。

痛みや苦痛を伴うことはありません。

夜間睡眠中の随伴症状の有無を確認するために行動モニターを併用します。

睡眠検査室

夜間睡眠ポリグラフ検査(n-PSG)は睡眠検査室にて行っています。個室になっており、ベッドと洗面台・冷蔵庫・冷暖房(エアコン・オイルヒーター)・ロッカー・簡易ソファ・TV・チェスト・加湿器が設置されています。

室内にはシャワー室とトイレもあります。

また、高照度光治療のための照明器具(タイマーによる全自動照度コントロールシステム付)が常設されています。

睡眠検査機器